Quote 30 Aug 679 notes
近所のお坊さんの話。
「時として、非常識やマナーが悪かったり、人道的に明らかにおかしい人、と遭遇した際には、腹立たしく思うのではなく、この人は輪廻転生の世界で、前世は人以外のもので、まだ人としての徳を積む事が浅く出来てない可哀想な人と思いなさい。そう思えば腹立たしさも収まる」と。
Quote 30 Aug 156 notes
高橋名人

『スターフォース』『スターソルジャー』の時にはそんなに難しくはなかったのですが、

今のシューティングは(上のプレイヤーに合わせたために)弾が散弾銃のごとく降ってきて、シューティングゲームというジャンルなのに避けゲー(ム)になっているのです。

「撃つゲームなのに、なぜ避けなきゃいけないの?」と思うぐらいです。

「変な方向に来ている」と私は思っています。

あの弾のあられ状態を一般のユーザーが見た時に何と思うか。
「俺には無理だ」と当然なりますよね。そうなると、やはり手を出してくれません。

だから今、シューティングゲームはダメなんです。
できればこういうゲームのジャンルをつぶすようなことはしたくないんですが。

でも、今こうなってしまったのは仕方がないので、(ゲームクリエイターの人たちは)これを肝に銘じて、ブームに乗らないゲーム、できるだけ楽しいゲームを目指してほしい。

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0903/13/news009_3.html
Quote 30 Aug 482 notes
反原発って羨ましく感じる。俺やTEPCOの社員が「50万V流れてる箇所のすぐ真横」で、電力を安定して供給するための作業をしてたり、各地の研究者が「原発に変わる発電装置の研究」をしてるその時間に、駅前やツイッターで夢と理想と妄想を叫んでるだけでなんとかなると思ってるところが
Quote 30 Aug 1,266 notes
 人間はあまりに早いことが処理できなかったりする。セーブボタンを押したときに、最近のPCやクラウドでは0.1秒でデータがセーブできる。0.1秒の間に「セーブ中」「セーブ完了」と表示されてもユーザーには伝わらない。むしろユーザーは「これ、本当にセーブできたのかな」と不安になる。そういうとき、実際のセーブが0.1秒で終わったとしても、わざわざ0.3秒くらいかけて「セーブしています」と砂時計をくるくるまわしたり、「セーブ完了しました」という表示を出したあとに、0.5秒くらいかけてふわっと消えるような表現をすることで、ユーザーに「ああ、コンピュータはちゃんと仕事をしてるんだな」とわかってもらえる。
Video 30 Aug 66 notes

patron18:

Asana Mamoru

Photo 28 Aug 11 notes

(Source: sunagimosu)

Photo 28 Aug 740 notes

(Source: gir1sgir1sgir1s)

Quote 28 Aug 271 notes
・「男は風呂に入らなくても死にはしない」

 当時、庵野だけでなく僕も風呂に入らなかった。
 僕は2週間ぐらい平気だったけど、庵野は桁違いの半年とか1年とか風呂に入らない。
 僕も庵野も主張は同じで「風呂に入らなくても死なない。死なないことを毎日、習慣でする奴は時間が余ってるからだ。オレにはやることがあるので、余ってる時間などない。ゆえに風呂になど入らない」
 それでも当時の僕は、2週間で髪が痒くて入ってしまった。庵野に聞くと、一ヶ月あたりで「痒くなくなる」らしい。
 庵野が数ヶ月に一度、風呂に入ったときは「身体を洗ったお湯が灰色になった」などの伝説がある。
 ちなみにマイクロソフト創業期の話。ビル・ゲイツが25歳、1980年頃だからアオイホノオとちょうど同時期。
 ビル・ゲイツも風呂に入らないので有名で、秘書兼広報のおばちゃんが記者にこう言ったそうです。
「ビルは風呂が嫌いなのではありません、風呂よりももっと大事なことがあると言っているんです」
 聞いたか、島本和彦!
 風呂とかトンコさんとか、お前は学生時代にリア充すぎるんだよ!

Quote 28 Aug

最近彼女ができまして、と彼は言った。私はおめでとうと言って拍手をした。

私は他人が誰かと親密になった話を聞くと高揚し、その人の肩をばんばんたたいて、「いいぞもっとやれ」と言いたくなる。祝福の気持ちにしては盛りあがりすぎなので、他人の私生活に関する話が好きなだけなんじゃないかと思う。下世話なのだ。

彼はでも、と付けたした。でも、この年になるとなんだかいろいろスムーズで、ちょっとかなしくもあるんですよ。

どういう意味でしょうと訊くと、彼は言う。

彼女とは仕事の関係で知りあったんですけど、すてきな人だなって思って、連絡先を渡すじゃないですか。で、メールを出したら感じのいいメールが返ってきて、何回かやりとりして、食事に誘う。桜の時期だったから、少し散歩して観たりする。また食事に誘う。「あなたと一緒にいると楽しい」という意味のことを伝えて反応をみる。嫌じゃなさそうだからもうちょっと踏みこんでみる。そういう手順に、もう慣れちゃってるんです。うまくいきそうだなっていうのもわかる。まあ、もう三十すぎてますしね、順当なことではあるんですけれども。

いいことじゃないですか、スムーズなのってすごく大切なことですよ、と私は言う。彼は曖昧に笑って何度かためらってから、ぽつりぽつりと続ける。

こんなにスムーズなのは、彼女のことを身も世もなく好きなわけじゃないからだと思うんです。なんていうか、僕も相手にとって、ただの適切な人材なんだと思うんです。いえ、それでいいんですよ、世の中の大半のカップルはそういうふうにしてくっつくんだし、僕だってそうでした。

私は目で彼に話のつづきをうながす。彼は自分が話しすぎることを気にして途中で切りあげるタイプだ。彼はまた少し間をあけて、それから滞留していた水が流れだすように語る。

以前は僕も相手も、少なくとも必死でした、一生懸命だったし、精一杯だった、どうしていいかわからない場面が多いから、しょっちゅう頓珍漢な真似をしていた。そんなだからこそ、自分たちのしていることに幻想を抱くことができたんです。なにか重大な、美しい事件が起きているように思えました。でも今はそうじゃない、僕らはいろんなことが上手になってしまった、あなたはそれをいいことだって言う、でも僕はそうは思わない、正しい手順で要領よくものごとをすすめるなんてさびしいことです。

運命の恋みたいじゃないのがさびしいんですかと私は訊く。彼は首を横に振る。いいえ、僕はそんなものはないと思います。そうじゃなくて、年をとってみっともなくうろたえなくなったのがさびしいんです。僕はいつもはじめてのように、それをしたいのに。

Quote 28 Aug 432 notes
これから乗ろうとする下りエスカレーターを逆走でのぼってきた50代くらいのおばさんがもうちょっとで上り切る手前でコケて膝を打ち痛みに顔を歪めながらうずくまってそのまま下りていくシーンは涙なしには見られなかった
Quote 27 Aug 730 notes
俺は妖怪ウォッチで遊んでるのに、同級生は妖怪ウォッチを息子に買い与える立場になったのか。っていう考えに至り静かに死ぬ。
Quote 27 Aug 612 notes
私の姉は集中治療室で「父さんと母さんにPCの中探られるかもしれないんだよ」
って私が言ったら驚異の回復力で退院した

萌って凄いなと感じた瞬間
Quote 27 Aug 901 notes
赤ん坊の『まず口に突っ込む。細かい事はそれからだ!!!』って生き様は、大人になっても忘れないでいたい……危ないけど。
Quote 27 Aug 35 notes
高層マンションを1億円近い高値で買った住民からは、「ワーン(湾)、ガーン(岸)」と泣くに泣けない悲鳴も聞かれたのですが、2013年の五輪誘致決定で泣き声はパタッと止まったのです。
Quote 27 Aug 311 notes
比喩的な話から入るが、家族は食事をするとき食卓を囲み、通常は家族みんなで同じものを食べる。親だけがステーキや伊勢海老を食べていて、子はご飯と味噌汁のみ、という食事風景があったとしたら、それは異様に映るはずだ。

しかしワタミが会社と社員の関係をあくまでも「家族」というならば、このような異様な状態が生じているのである。

というのも、ワタミの大卒新入社員の初任給は、定額残業代などを抜いて基本給ベースでは16万円である。大卒新入社員の相場である20万円前後には遠く及ばない。

これに対し、渡辺美樹元会長は、ワタミの約25%の株式を持つ筆頭株主として、自己の資産管理会社を経由して毎年億単位の配当金を受け取ってきた。さらに、その資産管理会社はワタミの保険代理店としても機能していて、有価証券報告書によると平成25年3月期では、7600万円もの手数料収入をワタミから得ているのだ。

確かに、配当金を受け取るのは創業者の権利であるが、社員を家族というならば、これらの配当金や手数料を資産管理会社に蓄積するのではなく、従業員に還元して基本給の引上げなどに使うべきではないだろうか。

もちろん、社長の社員も同じ賃金にすべきとまでは言わないが、資産管理会社に財産を蓄積するのは、せめて家族である社員の賃金が世間相場並みに引きあがった後ではないだろうか。

なお、私は、渡辺美樹氏が億単位の収入を得ていること自体を批判したいのではない。「私(渡辺氏)は創業者だからこれくらいもらう権利はある。」と言い切ってもらえば逆にすっきりするが、「社員は家族」とか「金にこだわるな」とか言って社員を低賃金で働かせる半面、目立たないところで自分だけはしっかりと蓄財しているという矛盾を指摘せずにはいられないのだ。

Design crafted by Prashanth Kamalakanthan. Powered by Tumblr.